願いを叶える方法
PR

よくある勘違い。自己信頼感が高くなることはすごい人になるのではない!

obara.ayaka
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

自己信頼感を高めることがオーダーを叶えるのにとっても大切です。

このブログでも、自己信頼感についての記事を何本か書いてきました。

https://blue-bird-love.com/efficacy-fukuen/
https://blue-bird-love.com/no-more-gaman/”
https://blue-bird-love.com/efficacy-up-person/

この記事では、自己信頼感について簡単におさらいしつつ、「自己信頼感を上げたい方が陥りやすい落とし穴」について書いていきます。

まずは自己信頼感のおさらいをしましょう。

自己信頼感について簡単に説明すると…

自己信頼感とは「自分が創る世界やオーダーへの信頼感」です。
「これから創る未来は、私の望み通りになるだろう」という思いの確信度合いと呼んでもいいかもしれません。

好きになる…とは若干ニュアンスが違うかな。

以前書いた「オーダーがサクサク叶う自分になるステップ」シリーズが参考になると思います。

こちらも合わせて読み進めていっていただけると嬉しいです。

自己信頼感が高い人はすごい人?勘違いが起こりやすいポイント。

実は、勘違いしている方が多いのですが、自己信頼感を高めるって、すごい自分になりましょうってことではありません。

「オーダーが叶う人は特別すごい人」ではなく、「誰でもオーダーを叶えることができる」んです。

すごい人になるためにキラキラしなきゃいけないと思って、あれこれスキルや資格を身につけたり、高級品を身につけたりすることは、自己信頼感を上げる行為とは違うんです。

スキルや資格を取るな、高級品を身につけるなということではなくて、大切なのは「それ、本当にほしいですか?」ということ。

本当は別にやりたくない、欲しくないのに、見栄のためにやろうとするのがNGです。
逆にご自身を苦しめることになってしまいます。

自己信頼感を上げることは、本来の自分に還ること、自分らしさ全開で生きること

自己信頼感を高めることって、本当の自分に還ることだと思うのです。

本当は誰だって「望み通りの未来を創り出す力」を持っている。
ただその使い方を忘れているだけ。

だから、自己信頼感って何かを身につけていくより、余分なものをそぎ落としていく方が、ぐんぐんと上がっていきます。

余計なものって…
本当はやらなくていいはずなのに、しなければならないと思い込んでいることのことです。

例えば、片思いの彼に対してメールをするとしましょう。
これが「私がやりたいから、する!」ならOK。
「今送らないと存在を忘れられそうだから(気が乗らないけど)メールしなきゃ」ならストップ。

しなければいけないと思っていることをやることって、エネルギーを無駄に使うので、オーダーを叶える力を削っていっていることになります。

だから、まずはやりたくないことからそぎ落としていきましょう。
その後にやりたいことを増やしていってください。

やりたいことは別にオーダーに直結する行動である必要はありません。
「オーダーが通っても通らなくても、楽しいかも今の生活」って思えるようになるのがキモです。

あとは、小さな望みをちまちま通していくことも大切です。
ケーキ食べたい、ゆっくり寝たい、温泉に行きたい…など、自分で叶えてあげられる望みをどんどん叶えてあげること。

小さな作業が、オーダー力をどんどん大きくしてくれますよ。

自己信頼感を上げる作業って結構地味だけど、効果はばっちり。

この記事で書いてきたことで自己信頼感って上がるの?って疑ってしまうかもしれません。
でも、続けていただくと、その効果に驚かれると思います。

地味を侮ることなかれ。
急がば回れ。

地味を積み重ねると、ありえないような変化が起きるので、楽しくオーダーが叶う体質作りをしていきましょう。

この記事のまとめ
  • 自己信頼感とは「自分が創る世界やオーダーへの信頼感」のこと
  • 自己信頼感を高めるって、すごい自分になりましょうってことではない
  • 自己信頼感を上げることは、本来の自分に還ること、自分らしさ全開で生きること
ABOUT ME
小原彩夏
小原彩夏
ライター/セラピスト
メンヘラを発動してしまったことがきっかけで、「2度と好きにならない」と言って他の女性に目を向けた最愛の彼と、潜在意識を活用して3年を経て復縁しました。『復縁はお得』が合言葉を胸に復縁を超えて愛される女性を増やすために、日々サイトを運営しています。復縁特化ワーク/願いを叶えるお作法book/個人セッションを提供しています。
記事URLをコピーしました