HSP

【HSP】人よりも敏感で、疲れやすいことが大きな悩みだった私が「脳トレ」®で生きやすくなった。

HSPという言葉をご存知ですか?

今でこそ徐々に浸透してきて、HSPに関する書籍も増えてきましたが、

それでもまだ理解してくれる人、そもそも知っている人が少ないのが現状です。

 

HSPはHighly Sensitive Personの略で、

生まれつき刺激に敏感で、周りからの刺激を過度に受け取ってしまう人

のことを指します。

 

HSPと呼ばれる人がいると知った時、私はとっても安心しました。

というのも、10年近くの疑問が解消されたからです。

私が「生きづらさ」を感じていた原因の1つは、

HSPだからだったようだと気づけたのです。

 

ここでは、HSPである私の体験談を書いていこうと思います。

それではどうぞ♡

HSPって何?私の場合を簡単にまとめます。

HSP(Highly Sensitive Person)とは、

アメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン博士が提唱した概念です。

 

私が感じているHSPの特徴はこちら。

大きい物音、匂い、人の機嫌などに敏感に反応する

私は音がする世界はあまり好きではありません。

人混み、テレビの音、怒鳴り声、物音が特に苦手です。

また、機嫌が悪い人や怒っている人のそばにいると、途端に身体が強張ります。

人を怒らせないように、機嫌を損ねないように、他人に気を遣うようになりました。

疲れやすい

刺激に敏感であること、人に気を遣いやすいことが理由か、とても疲れやすいです。

周りの人と同じことをこなしているだけなのに、

なぜか私だけ疲れていることが多くあります。

心の境界線が薄い

人の感情をとてももらいやすく、自分も同調してしまうことが多くあります。

あえて言うならば、「他人の感情が身体の中に雪崩れ込んでくる」という感覚です。

先ほども書きましたが、他人を怒らせたくない、機嫌を損ねたくないばかりに、

他人に気を遣い、自分の気持ちを押し殺してきました。

小説やドラマに共感しすぎて、数日引きずる

私は読書やドラマ鑑賞をほとんどしません。

理由は「本やドラマの世界観にのめりこみ過ぎて、数日実生活に影響が出るから」です(笑)

感情が揺れる作品ほど、私には刺激が強いようです。

ちなみにスポーツ観戦も苦手です。ドキドキ、ハラハラするのはとっても疲れます(笑)

HSPとわかる前の私の葛藤「どうして人より疲れやすいの?」「どうして怒鳴り声でパニックになるの?」

私が悩み始めたのは小学生の頃から。

担任の先生がクラスメイトを怒っている時に大泣きしてしまったことがきっかけでした。

怒っているのは私に対してではなく、他の子に対してでしたが、

私は「まるで自分が責められている感覚」「怒りに押し潰されている感覚」があり、

パニックになってしまったのです。

 

もちろん担任の先生はびっくり(笑)

だって、怒られている本人はケロッとしているのに、

なぜか部外者の私が泣いていたのですから。

私自身が怒られているわけではないと頭ではわかっていたのですが、

恐怖のあまり、全く涙が止まらず苦しかったことを覚えています。

「何でお前が泣いてるんだ」「悪いのは別の人なのに」と色々言われました。

 

更に、年齢が上がっていくにつれて、別の悩みが出てきました。

人と同じことをやっているだけなのに、ひどく疲れやすかったのです。

 

体力がないからかな?と思って、体力作りに励んだところで変わらず。

クラス替えなどの負担が大きい出来事が起こると、数日寝込むことが続きました。

更に正社員として就職した時も、周りも同じように大変なのに、

なぜか私だけ体調を崩しまくり、最終的に自己都合退職を選びました。

 

「何で私は自分が怒られているわけでもないのに、パニックになるの?」

「どうして人よりも疲れやすいの?どうして人と同じようにできないの?」

 

そんな疑問を抱え続けてきました。

「人より疲れやすい」「怒る人をかわせない」のは甘えだと言われて、誰にも相談できなかった。

怒る人が怖いから機嫌を取ってしまう、そして疲れてしまう。

いい子を演じてしまって、本音が言えない。

何か刺激があると、ぐったりしてしまう。

これらは単なる甘えなのではないか?と10年以上思っていました。

 

私が弱いからだめなんだ…私はもっと強くならなければいけない、

と思っていましたし、周りからもそう言われ続けて、

誰にも相談できず、自分を責め続けてきました。

モヤモヤをうまく消化できず、だんだん無気力になり、うつ病にもなりました。

 

また、社会人になっても、なぜか私だけ体調を崩してしまい、精神的にも不安定になり、

「お前は甘えている、もっと体力をつけろ、もっと強くなれ」

と言われ続けて、120%の力を発揮し続けた結果、自律神経失調症で強制終了しました。

恋愛でもHSPを発揮。彼に気を遣いすぎて気疲れしてしまう日々。

彼との恋愛においても、HSPが発揮されていました。

とっても楽しいお付き合いではあったのですが、

「彼を怒らせたくない、怒らせるとパニックになってしまうから苦しい」

と思い、彼の機嫌が悪くならないように、彼に気を遣っていました。

それも無意識に。

 

恋愛がうまくいかなかったのは、別にHSPのせいだけではありませんが(笑)

それでも、恋愛面でHSPが悪く影響してしまう人も多いと感じます。

HSPの私が「脳トレ」®に出会って、自分らしく生きるために模索し始めた。

「脳トレ」®では、「自分らしく生きること」をとても大切にしています。

 

おすすめ記事

「脳トレ」®は幸せな復縁を叶えるために必要なスキル

※復縁に必要だよと書いてありますが、「脳トレ」®は人生全般に効果的です♡

 

自分を良く知り、代替えのない存在になること

自分の本音(ピュアハート)を汲み取り、できるだけ反映させた生き方をすること

誰かに気を遣うのではなく、自分を居心地のいい環境に置いてあげること

 

今までできなかったことを「脳トレ」®を始めてからチャレンジしました。

自分の本音に従って生きていくと、

 

仕事では「たとえ給料が少なくとも、拘束時間が選べて休みが多いパート勤務を選ぶ」

恋愛では「彼が機嫌が悪ければ、機嫌を伺うのではなくてそっと距離を置く」

人間関係では

「多くの人と付き合うよりも、好きだと思える数少ない人と深くお付き合いする」

休日は「無理に外出するのではなく、家でのんびり過ごす」

 

など生き方が変わっていきました。

 

今まではHSPであることを人生の枷に感じていたのですが、

「HSPである自分」を中心に世界を構築していくことができるようになりました。

HSPでも生きやすい世界は自分で作れる。

HSPでも生きやすい世界を作ることができた今は、

「HSPは生きづらい」だけで止まってしまうのはもったいない

と感じるようになりました。

 

HSPである自分を大切にできる、優しい生き方が必ずあります。

 

今、生きづらさを感じているのであれば、

もっともっと楽になっていいとご自身に許可を出してあげてほしいですし、

その世界を作る勇気を持っていただけたらいいな、と思います。

復縁・片思い・言えない恋愛(不倫)を叶えるための「脳トレ」®×恋愛マニュアル

100名以上の方が読んでくださり、現実をサクッと変えていらっしゃいます。

現実を思い通りに創るスキルである「脳トレ」を恋愛に特化させたメニューです。

ほんの1部ですが、紹介させていただきますね!

内容抜粋
  • 私の恋愛を叶えるのは難しい?それ、思い込みです♡
  • 彼に振られたのは、あなたに魅力がなかったからではありません。
  • オーダーを出したけど、通らない。そんなあなたに確認してほしいこと。
  • 彼が手放せなくなる、愛される女性になるためのステップ
  • 彼の今のお相手の存在が気になって仕方がないあなたに

 

・復縁・片思い・不倫で現在進行中で悩んでいる方

・振られた彼に好きになってもらえる自信がない方

・彼の今のお相手より自分が劣ってしまっていると感じる方

 

ぜひ読んでいただけると嬉しいです♡

 

購入方法

≪価格≫5000円

≪支払方法≫①銀行振込 ②Paypal決済

*銀行振込での購入の流れ*

①専用フォームに必要事項を入力

②内容を確認し、送信

③自動返信メールに記載のある振込先に申込日を含め3営業日以内に振込

④振込確認後、マニュアルを登録いただいたメールアドレスにお送りします。

 

*Paypal購入の流れ*

①フォームに必要事項を入力

②内容を確認し、送信

③すぐに画面がPaypal決済のページに切り替わりますので、

切り替わったら、お支払いの手続きをお願いいたします。

④お支払いされた後、10~15分程度でメールにてマニュアルが届くシステムになっております。

万が一、ネット回線の影響などで決済画面に飛べなかった場合、再度お申込みフォームの入力をお願いします。

それでも決済ができない場合、お手数ですが、お問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。